FC2ブログ

講師高橋先生、八児先生より御礼

講師からのお知らせ
07 /03 2019
 こんにちは。臨床塾の髙橋です。

4月から6月まで、臨床塾に通って下さいました先生方、ありがとうございました。また、お忙しい中、講師を務めて下さいました保谷先生と八児先生、お疲れ様でした。お二人の先生方のお力添えで、今期も、塾生の皆様と多くの情報交換が出来ました。

 先に、保谷先生からのお礼メッセージを掲載しましたが、今回は、八児先生と髙橋からのお礼メッセージを掲載しています。保谷先生と八児先生からの熱いメッセージ、心にグッときますね。同時に、お互いに身体を大切にしなければいけない年齢だと痛感しました。保谷先生、八児先生、お身体ご自愛くださいね!!

Dコース3期塾生の皆様
臨床塾に参加していただき感謝致します。
私は臨床家としてまだまだ課題は山積みですが、主観を大切にしながら
日々患者さんと向き合っています。
塾ではこれまでの日常を整理し、臨床のコアとなる内容を提示しています。
そして皆さんとのやりとりで多くの発見や気づきが得られ学習できることが醍醐味です。
講習も相互作用なので参加者と私自身の状況によって、うまくいったりいかなかったり。
ちょうどこの期間に私の肩の痛みがピークで、そういう意味ではマイナス要素となり
徒手的指導など十分にできなかったことをお詫び致します。
このように痛みのネガティブな要素もあれは、ポジティブ?に捉えられる面もありました。
私は日頃、若いセラピストに対して「経験できない高齢者や片麻痺者の身体や心理状況に
対して想像力を働かせて関わるように」と偉そうに伝えていますが、実は自分自身が全く及びません。
そういう意味でセラピストとしてこのような患者体験は貴重です。
以下、体験記として記しますね。
○姿勢運動としては
片麻痺患者さんのような運動パタンに。代償を繰り返す適応で身体は固定的。
自分の内面にばかり気持ちが向かう、その反面、 無自覚で習慣化した行為を修正することが難しく、
更衣のように痛みが出やすく、気をつけるべき動作の中でも繰り返し「痛い!」とうっかりとした
動きをやってしまうほどでした。
「日常生活活動において我々は熟練者である」と所長の高橋先生が述べていますが、
全くの無自覚でもないはずなのに痛みの出る動きをしてしまうというのは、まさにこのことを
言い表していると感じました。修正できたとしても、今度は時間はかかるし、リズムが狂う。
他のことには注意がそれる(^_^;)
○メンタルとしては
痛みの悪循環、情動系、心身一如であることを痛感しました。
結局は体験しなければわからないのか⁉︎と凹まず、やはり想像力は大切に養っていきたいと思います。

 今期もしんどかったけど楽しかったです。遠くから来所される方、仕事終わりの方、そうでない方も、
時間を削り、学ぶエネルギーを持っている皆さんと適度な距離感で定期的にお会いすることが励みとなります。
また関連するいろんな機会にお会いできることを楽しみにしています。これからもよろしくお願い致します。
ここでの皆さんとの経験は、職場での教育にも役に立っており良い循環となっています。
ありがとうございました。

Dコース担当 八児 正次


4月~6月までの臨床塾A・Bコースを受講いただきました先生方へ

 この度は、臨床塾A・Bコースにご参加いただきありがとうございました。

一日お仕事をされてから通ってこられる先生方には、いつも“やる気”を感じていました。また、同じコースに連続してご参加いただいた先生方や、全コースにご参加いただいた先生方からは、臨床に対する“熱意”を感じていました。
今はまだ、経験が浅くわからない事や悩まれる事ばかりかとは思いますが、これからも“やる気”と“熱意”を大切にしていただきたいと思っています。今のお気持ちを継続して、真摯に臨床に向き合っていれば、先生方が40歳を過ぎて“ベテラン”といわれる頃には、多くの患者さんに慕われ、頼りにされる素晴らしい先生になるのだろうと想像すると、とても“頼もしく有難い存在だなぁ”と期待しています。

 様々な障害を抱えた方々に寄り添い、共にリハビリを行っていく工程は、けっしてたやすいものではありません。リハビリといった目的を共有していても、感情を持つ人同士が、好ましい形で共鳴しあい、最高の結果を導く事もたやすいものではありません。
リハビリの専門職と言われている私達セラピストと出会った患者さん達に、勇気を出して挑戦していただくためには、患者さんの障害だけではなく、その人を深く理解しようとする姿勢が大切になると思っています。そして、患者さんの持ち得ている潜在性を開花させるお手伝いをする為には、何度でも繰り返し練習しては内省して、“好ましい方向に変化していく瞬間の感覚”を身体に染み込ませていく事が必要だと考えています。その工程は、終わりのない作業ではありますが、同時にセラピストにしか経験できない、とても貴重で興味深い瞬間となり、療法士としての楽しさや醍醐味を知る事にもつながるのではないかと考えています。

 今の時代は、患者さんたちのリハビリの日数が制限を受け、また、多くの療法士が、非常に多忙なスケジュールの中で仕事をしなければならない環境にあります。正直、疲れてしまう時や医療界の変化に落胆してしまう事も多くありますが、患者さんを励まし続け、回復をけっしてあきらめないで関わっていけるセラピストでありたいと考えています。

 先生方は、まだまだお若く、体力も気力もあります。いろいろな患者さんとの出会いを大切にして、そして、患者さんから多くを学び、力を蓄えていただきたいと思っています。先生達が、真の意味で患者さん達から頼りにされるセラピストとしてご活躍される事を、心より楽しみにしています。

7月3日 A・Bコース担当講師 髙橋 栄子
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント